2020年12月31日

2020年大晦日

現在大晦日の21時。

仕事が一段落したのでこのブログを書いています。

年末の授業は昨日まででしたが、今日は受験生限定で教室開放。

受験生に対してしてあげられることはできる限りしてあげたい。

その思いから毎年元旦を除き、教室で勉強できるようにしています。



「今年はすごく早かった」

生徒たちが最近よく言う言葉です。

例年聞く言葉ではありますが、今年はほとんどの生徒がそう言います。

おそらく新型コロナウイルスによるものでしょう。

春、例年ならば4月から新学期が始まるところ、今年は4・5月が緊急事態宣言により休校。

6月からの始業となりました。

そしてことごとく学校行事は中止。

地域のイベントなんかもほとんど行われませんでした。

だから生徒たちの生活において、公私とも盛り上がる場面がなかったように思います。

結果、自粛ムードの中で地味な毎日が繰り返されただけの一年だったのではないでしょうか。

だから「何もしない間に一年が終わってしまった」という感覚になっているのでしょう。



私個人はというと…

なかなか大変な一年でした。

コロナ禍で例年通りの運営ができず、何をやるにしても『2020年バージョン』を考えなければなりませんでした。

教室の経営者として、運営の責任者として、教室にかかわる全ての舵取り役として、なかなか苦労の多い一年でした。

運営において、「今年は時短で…」「今年は業務縮小で…」というわけにもいきません。

昨年までの受験生にやっていたことを今年の受験生にはやりません、というのはあってはならない。

それだと今年の受験生がかわいそう。

だから塾として提供できるサービスの質や量を絶対にダウンさせてはいけないとの思いで工夫してやってきました。

「笛吹けど踊らず」でも笛を吹くのはやめませんでした(笑)

そして今日、2020年の最後の日を迎え、今こうやって今年一年をあらためて振り返っているところです。

まあ正直こんな年は二度とごめんですね(笑)



新型コロナウイルスはまだまだ終息の兆しがありません。

年が明けても変わらずいろんなことに気をつけながらの教室運営となるでしょう。

暖かくなるころには終息の兆しが見え、これまでの「当たり前であった日常」が戻るようにと願っています。

今年の初詣は、教室のこと、生徒たちのこと、自分のこと以外に、これも神様にお願いしようと思います。



これをご覧のみなさん。

皆さんにとってもきっと今年は厳しい一年だったと思います。

しかし「冬来たりなば春遠からじ」です。

新年がみなさんにとっても「春」であることを祈ります。

あらためまして、今年一年大変お世話になりました。

新年も個別指導学院プレストをどうぞよろしくお願いいたします。




個別指導学院プレスト

塾長 平岡 寿崇










posted by 塾長 at 21:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

生徒の成功体験とプレストの指導

今日は成績を大きく向上させた生徒の実例を書き、プレストの指導について述べたいと思います。



その生徒は現在高校1年生、中学生のときからこの教室に通ってくれています。

成績の推移は

中2時…定期テスト220点くらい

中3時…定期テスト300点くらい

現在…前回テストで学年2位

と、飛躍的な成長を見せてくれています。

と、こういう書き方をすると、「入りやすい高校に入ったんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

在籍する高校の合格者平均偏差値は52くらいですから、中学時の定期テストの点数と比較していただければ、実力相応か、むしろそれ以上の学校を選択し、合格してくれているのがお分かりいただけるかと思います。

そしてその学校で現在トップクラスの成績を取っているのです。



どうしてここまで成長できているか。

『プレストが他の追随を許さない指導力を有しているから』と断言できればカッコいいんでしょうが、残念ながらそうではありません。

そもそも塾の指導力なんて、どこもそう変わりません。

ましてや個別指導塾においての指導力って大して重要ではないのです。



だとすればこの成長の理由は何か。



答えはただ一つ。

『この生徒自身が本気で努力しているから』に他なりません。



ただ、努力するにはそれを支える環境も必要です。

生徒自身が「塾で頑張りたい」と思える空気づくりをしているか。

担当講師が生徒の立場に立って考え、本気で生徒のために動いているか。

そしてそういう思いがしっかりと生徒に伝わっているか。

それにより生徒が信頼し、慕っているか。何でも話せる雰囲気作りができているか。

学校で何かあったとき、どんな些細なことでも「塾で先生に聞いてもらいたい」って思えるか。

学習面でわからないことが生じたとき、「塾に自習に行って先生に教えてもらおう」って思えるか。

そういう点が生徒自身の頑張りを引き出し、支えるのだと思います。

これができていれば、指導する側も本当にやりがいがあるし楽しい。

講師が楽しければ、間違いなく生徒も楽しいのです。

講師が本気で生徒に向き合っていれば、生徒はそれに応えようと頑張るのです。

そういう環境づくりに関しては、他に負けないという自負があります。



プレストは『受験指導にとどまらず、生徒の将来を考え、それに役立つ指導を行う塾』です。

志望校に合格すればそれで終わりではありません。

そこからが新たなスタートなのです。

私がこういう考えを持つように至ったのは、進学塾で指導していた際、志望校に合格していながらその後成績不振に陥ってしまった生徒を見てきているからです。

合格させるだけが塾の使命ではない。進学した先で大きな財産を得られるよう支えてあげるのも我々の大切な使命だ。

そのように考えて指導しています。

そして、こういう成功体験を積む生徒がもっともっと出てきてほしいと願いながら、日々生徒のために頑張っています。

『子供は親の背を見て育つ』ならぬ『生徒は先生の背を見て育つ』

そういう指導者でありたいと思っています。




posted by 塾長 at 01:00| Comment(0) | 生徒 | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

コロナ禍でのプレストの日常

今日で8月も終わり、プレストでは明日から後期授業が始まります。

例年通りであれば学校も明日から新学期となり、学校・塾とも同じタイミングで切り替えの予定でした。

生徒自身の意識の面でも、その方がきちんと切り替えできるはずですよね。

でも今年はコロナの影響で学校はすでに新学期が始まっています。

プレストの授業は今日まで夏期講習を行っていましたので、生徒は新学期の授業を学校で受けながら、夕方からは塾に来て夏期講習の授業と、ちょっとイレギュラーな形にせざるを得ませんでした。

教室の運営においても今年はいろいろと変更を加えながらの実施です。

「例年この時期にこうやっていたから…」が通じない年。

これ、なかなか大変です。

昨年までやっていた施策を今年はしません、というわけにもいかず。

昨年通りにできるわけではないんだけど、質を落とすことはできないし。

開校年度のように「こういうことをやってみようか」なんて考えながらゼロから作るほうがまだ楽かもしれないなと考えながら、頭を悩ませています。



新しく入塾してくる生徒は例年に比べるとやはり少ないですね。

急を要するわけではない生徒の場合、こういう年になってしまったので、「ちょっと様子を見よう」「来年からにしよう」と考えるだろうから、そのあたりの影響かな。

ただうれしいのは今年に入って誰一人退塾がいないこと。

春の休校時期、教室を開校できないわけだからある程度の退塾は出るだろうなと思ってたんだけど、生徒の退塾ゼロ。(ちなみに講師の退職もゼロ)

そしてそれ以降も誰も退塾していない。

本当にありがたいことです。



教育って対面が基本だと僕は思ってます。

オンラインでも授業自体は可能かもしれないけれど、やはり教室で生徒の顔を見ながらやる指導と比較するとクオリティの面で劣ります。

対面授業がもたらすライブ感や空気感って、授業の要素として本当に大事ですから。

特に僕自身の授業の場合、そこが本当に大きな要素だと自分では思っています。

テンション高く勉強できる瞬間もあれば、めっちゃ集中して取り組む瞬間もある、叱られ反省しつつ取り組む瞬間もある。

場面場面でそういう空気を作って授業をしているつもりです。

直接担当している生徒たちは「確かに!」って分かってくれるんじゃないかなー。

教室で行っている授業も、万が一の場合はオンライン指導に切り替えざるを得ませんが、質の高い指導を提供するためにも、できる限り教室で生徒と向き合っていきたいと思っています。

そのためにも感染予防を徹底しないといけません。



今年の受験生はちょっとかわいそう。

仕方ないこととは言え、例年の受験生のように十分な学習環境を提供してもらえないから。

だからプレストにおいては、例年同様の指導ができるよう、質や量が例年と比べて落ちないよう、できる限り工夫していきます。

受験生のみんな、安心して取り組んでください。



今年は本当に厄介な年になりました。

ただ、人間は厳しい状況に置かれた時にこそ成長できるものです。

生徒たちも我々スタッフも、後になって振り返ったとき、今年という年がそのように思い出せる一年であることを願います。

そのような年にするのは、他ならぬ自分自身です。

不満や愚痴を言う前に、現状を打開する努力を!ですね。




posted by 塾長 at 22:12| Comment(0) | 教室 | 更新情報をチェックする