2018年05月28日

天空のポピー

ゴールデンウィーク明けから先週末までの3週間、中間テスト前ということもあり無休で仕事してきました。

で、昨日久しぶりの休暇が取れたので外出。

行き先は東秩父。

秩父高原牧場の「天空のポピー」

テレビなどにも取り上げられ、すっかり有名な場所になってるみたいですね。

開花状況的にもほぼ満開らしくタイミングはドンピシャ。

しかも天気もまずまず。

当然混雑は覚悟の上で、午前9時過ぎに出発しました。

ナビの示す到着予想時刻は10:30。

まあ途中ちょっと寄り道したり、渋滞に巻き込まれたりしたとしてもお昼前には着けるだろう、そう計算してました。

甘かった…。

あんな渋滞経験したことがないってほどの渋滞。

行程の9割は順調だったんですよ。

残り4キロで急に前が詰まり出し、ほとんど動かない…。

4キロということは、順調なら数分の距離。

もし歩いたとしても1時間程度。

何とそこから、たった4キロ先のゴールにたどり着くまで約4時間かかりました。

出発が午前9時、到着が午後2時。所要時間5時間。

これだけ時間かけたら名古屋まで行けるわ!

やっとのことでたどり着き、まず向かうはトイレ。

キレイに咲き誇るポピーには目もくれず。

まあそうなるわなー(笑)

そこでまた驚愕…。

トイレは順番を待つ100人の行列!

まあ予想できることではあるけど。

やっと用を済ませたら、もう何か任務をすべて果たしたかのような気分になって、とりあえず放心状態。

でもゆっくり腰をおろす場所もないため、露店の裏に回り込み、草むらに座り込みました。まるで野良猫。

しばらくそうやっていましたが、せっかく花を見に来てるんだから見て回るかと。

で、アクションを起こしてみたものの、渋滞疲れと暑さで足取りは重く…。

そんな中、撮影したのが下の写真。

502801.jpg

052802.jpg

052803.jpg

なんかキレイに撮れなかったなぁー。

「ん?ちゃん撮れてないんじゃないだろうか…まぁいいか」

「あー、ピントが甘いかも…まぁいいか」

そんな感じで、キレイに撮る意欲さえも奪われてました。



その後、隣の牧場に行く予定だったんだけど、その意欲が湧かずキャンセル。

早々に帰ってきました。



正直疲れに行ったような感じ。

久々の休日で、しっかり充電するぞと思っていたけど、逆にめっちゃ放電した気分。

実際ポピーはほぼ満開でキレイだったんだけど、それを楽しむ気力がなかったですね。

渋滞はある程度はやむなしとは思ってましたが、あそこまでとは…。



とりあえずいくつか感じたことを書くと…

駐車場の収容台数をもっと確保することはできないのかなーと。

駐車スペースをさらに拡張するのは難しいのかもしれない。

でも、現状のスペースでももっと効率よく車を入れることができる気がする。

通路が必要以上に広かったり、無駄なスペースが多かったり。

それと、トイレを何とかしてほしかった。

牧場の敷地の一角を利用してポピーを植えているため、仮設トイレなのは仕方がない。

でも10台しかないのはどうかと。

しかも5台が故障(?)で使用禁止。

そりゃトイレ待ちで長蛇の列ができるわー。



今度の日曜は混雑しないところでのんびり過ごそうと思います。

今度こそ充電できる休日を希望!





posted by 塾長 at 21:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

2018年スタート!

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

個別指導学院プレストは今日から2018年をスタートさせました。

昨日(元旦)は休みをもらったんだけど、慌ただしく用事を済ませていたら、あっという間に終わっちゃいました。

初詣は行きましたよ。自分のため以上に生徒のために。

生徒たちみんなが健やかに過ごせるよう、そして勉強面でも実力を発揮できるようお祈りしてきました。

で、毎年そうなんだけど、受験生全員にお守りを買いました。

そんなこんなであっという間に終わったお休みでした。



でもね、いつも思うんだけど、休みって物足りないくらいが一番いい。

少なすぎるのもどうかと思うけど、身体を休めて気持ちがリフレッシュできたらそれで十分。

仕事を全力で頑張っているから休みが待ち遠しいわけで。

休みが貴重だから休日の時間を大事にできるわけで。

持て余すほど休みがあるのっていやだなぁ…。



教室では、今日と明日は受験生限定の教室開放。

特に中学受験生はあと一週間で入試だから最後の仕上げってところ。

今日、来たみんなにお守りを渡していきました。

願いを込めて用意したお守り、みんなの受験を守ってくれるといいなぁー。



この間、ある受験生に話したこと。

①全力で受験に立ち向かうこと。
これは当然です。手抜きをする生徒に受験の神様は微笑んでくれません。首尾よく合格できたとしても、自己を磨くことを怠ってきた生徒は、進学後にそのツケを負うことになるでしょう。

②ポジティブに考え、笑おう。ネガティブ発言は控えること。
「無理だ」や「ダメだ」という発言は、自分自身にネガティブな暗示をかけてしまいます。常にポジティブな思考でいることが大事です。努力が伴っていれば、自信を持って前向きに考えられるはず。志望校に合格した自分、進学先で学校生活をエンジョイしている自分を想像し、前向きな気持ちで取り組みましょう。
また、笑うことは幸福をもたらしてくれます。「幸福だから笑うのではない。笑うから幸福なのだ」です。

③慎重に勉強を進めよう。
「全力でやらなければ」との思いが空回りすると、焦りから勉強が雑になってしまいます。細かな部分のチェックが不十分になったり、問題をよく読まず答えてしまったり…。これではいけません。スピードや処理量も大事ですが、それ以上に精度を大事にしましょう。

④とにかく書こう。
勉強する上で鉛筆を持って手を動かすことが大事なのは言わずもがなです。テキストを見ているだけの時間は勉強とは呼べません。徹底的に手を動かすことです。同時に、自分の目標も書きましょう。「~したい」ではなく「~するぞ」という形で。視覚化することによって、より前向きに取り組めるはずです。

⑤プレストを目いっぱい活用しよう。
先生は受験生たちのためならできる限りのサポートをします。精一杯努力していればいるほど、その効果は大きいです。遠慮するのは損。「先生忙しそうだから…」とか関係ないです。どれだけ忙しくても受験生優先に決まってます。
また、学習面でのサポートはもちろん、メンタル面でのサポートも惜しみません。もしかしたら悩みを解決するところまではできないかもしれません。それでも、話すだけで気持ちが前向きになれるってこともあるでしょう。塾長でありながら生徒にいじられるキャラなので余計にね。あっ、ボケずにまじめに相談に乗りますよ(笑)



受験生の皆さん、参考になったでしょうか。

さて、明日も引き続き受験生指導。

みんな、明日も頑張ろうな!


posted by 塾長 at 22:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

2017年大晦日 今年もお世話になりました

今日は12月31日、現在21時。

あと3時間で今年も終わりです。

2時間ほど前に生徒たちを帰して、現在残務処理をしています。

年末の正規の授業は昨日までだったんだけど、今日は受験生のために教室開放。

年始も1/2と3は受験生対策での教室開放を行います。



よく小売りなどのサービス業が年始の営業を取りやめるなどのニュースをやってる。

人手不足でね。

やっぱり年末年始は仕事したくないって心理なんだろうか。

他塾でもそういう話はよくあるみたい。

以前はどこの塾も年末年始は当然のごとく『大晦日特訓』『正月特訓』ってやってたと思うんだけどなぁ…。

私も年末年始にゆっくり過ごしたり実家に帰省したりっていう過ごし方をした記憶がほとんどない。

お正月は気合を入れて仕事、それが当然の環境でずっとやってきた。

だからプレスト開校後も、年末年始は生徒のために教室を開けている。

受験生たちはお正月だからってのんびりしてるわけにはいかない。

でも家で勉強と言っても、やっぱり年末年始はそんな雰囲気じゃない。

だから落ち着いて勉強できるよう教室を無料で開放してる。

生徒たちが受験に向けて必死になっているのに、指導者側がゴロゴロ過ごすとかありえない。

生徒たちの要望にはできる限り応えてあげたいし、生徒の頑張りにも一緒になって頑張ってあげたい。

そうやって初めて、生徒は信頼を寄せてくれるものだと思ってる。



普段も生徒がいる時間は極力生徒優先。

授業外の指導も時間の許す限り行うし、突然の生徒からの依頼も極力迅速に対応している。

生徒との雑談ですら教室業務より優先している。

教室の運営にかかわる業務はできる限り生徒のいない時間にしているつもり。

そりゃ労働時間は長くなるし体力的にもきつい。

でも塾で先生と呼ばれる仕事をしている以上、生徒より自分を優先しているようではダメだと思うんだよね。

授業料を払っていただいている授業の時間しか生徒ために動かないようなビジネスライクな塾には誰も魅力は感じないでしょ。



ここ最近、生徒が嬉しいことを言ってくれる。

「先生って生徒思いだよね」とか「おもしろいこと言うけど、実は生徒に対してめっちゃ真剣だよね」とか。

こういう言葉をもらった時が一番うれしい。

伝わってるんだなー、受け取ってくれてるんだなーってね。

生徒のダメな部分をストレートに指摘することもある。厳しく叱ることもある。

それに対し「言ってくれてありがとう」「叱ってくれてありがとう」って言ってくれる生徒もいる。

こんなこと言ってくれる生徒を大事にしないわけがないでしょ。



今年もそんな風に仕事をしてきて、気が付けば1年の最後の日。

正直、うまくいったことよりうまくいかなかったことのほうが多い1年でもあった。

でも『生徒優先』の考えはブレずにやってきたつもり。

年が明ければいよいよ受験シーズン突入。

これから2か月ほどは、より生徒優先でやっていく。

信頼を寄せてくれている生徒には全力で応える。



受験生のみんな!

先生はみんなに対し「受験頑張れ」ではなく「受験頑張ろう」という思いです。

つまり、先生もみんなとともに戦います。

これからもどんどん頼りにしてください。

できる限りその思いには応えます。

そして、受験に向け全力を傾ける中で、かけがえのない財産を手に入れてください。

先生にとってはそれが何よりの幸せです。



あらためて、塾生のみんな、保護者の皆様、プレストを見守ってくださる地域の皆様…。

今年一年ありがとうございました。

新年も生徒優先でがむしゃらにやります。

明日から始まる2018年もどうぞよろしくお願いいたします。





個別指導学院プレスト 塾長 平岡寿崇




posted by 塾長 at 21:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする