2014年05月26日

テスト返却週間

今週は各生徒たちのテスト結果が判明します。

プレストにとって開校後初の定期テスト。生徒以上に私がドキドキです。

今日授業があった生徒は、まだすべて返却されているわけではないですが、まあアップしている様子。

全教科返却された時点でのアップ状況を予測してみると、おそらく5教科合計で100点ほどのアップになるのではないかと。

点数だけ見たら1教科平均20点アップだから、なかなかの結果と見えるかも。

でもね、正直満足できる結果じゃない。

もっと上げてやろうと思ってたから。

本人も上がっている喜びより残念な気持ちのほうが大きいよう。

「もっと上げることができるぞ」って思って取り組んでいたんだろうね。

まあ成績を上げていながら残念がっているのは、ある意味成長の証でもあるんですけどね。



思ったほど成績が取れなかった理由を分析してみた。

まず勉強の仕方、テストに向けての仕上げ方に、科目によってまだまだ甘いところがあったのは事実。

それは本人が一番良く分かっていることでしょう。

だからこの点は次回きっちり修正してくれるはず。

それともう一点、出題の仕方が満遍なく全学年の復習を出していたりしているってことも大いに影響があった。

こういう出題の仕方だと、昨年度は成績が振るわず今年から気持ちを切り替えて頑張ろうとしている子には辛い。

前学年の内容がまだまだ定着不足な状態でも、テスト前に対策の立てようがない。

1年分の総復習を一気に終わらせ、きちんと理解させるなんて無理だから。

こういう出題はこの生徒のようなタイプの子がかわいそう。

「今年こそ頑張るぞ」って気持ちを切り替えて臨んでいるのに、思ったほど点数が取れないってことになっちゃう。

『去年成績がよかった子は点数が取れ、成績がよくなかった子は点数が取れない』ってテストは実力テストだよね。

この出題、定期テストとしてはどうかと思うなぁ。

定期テストなんだからもっと今の頑張りを正当に評価してくれるようなテストにしてほしかった。

まあでも学校の方針がそうなんだから仕方がない、そういうテストで点数が取れるようにペースアップして復習を取り入れていくしかないね。

いい点数を取らせたい。そこそこのアップで満足してほしくない。指導する側にそういう思いがないと生徒は頑張れない。

講師の情熱や本気度が生徒に伝わり、火をつけるから生徒は頑張るわけで。

この生徒、次の定期テストではさらに上げてみせます。



明日以降、他の生徒たちもテスト結果を持って塾に来る。

緊張の一週間です。

すべての生徒に成功体験を積ませることができていますように…。





個別指導学院プレストは埼玉県所沢市の個別指導塾です。

最寄り駅は狭山ヶ丘駅です。

お近くにお住まいで現在学習塾をお探しの方、ぜひ一度お越しください。

プレストのホームページはこちら



posted by 塾長 at 21:02| Comment(0) | 生徒 | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

テスト勉強での小ネタ

歴史の勉強中の1コマです。



その①

生徒「先生は歴史上の人物で尊敬する人っている?」

私「教科書に出てくるような世の中を動かした人って訳ではないんだけど、宮沢賢治を尊敬しているよ」

生徒「へぇー。私の尊敬する人はね、ザビエル」

キリスト教徒でもないのに???




その②

生徒「ザビエルって世界一周した人でしょ?」

それはマゼランね。



その③

生徒「あの人誰だっけ?ほら、絵を描く人」

私「絵を描く人??」

生徒「ほら、かのう…、かのう…、かのうえいこう!」

2e71b115.jpg

『かのうえいとく』だな。惜しかった!



その④

生徒「あの人誰だっけ?ほら、お茶の人」

私「あー、あの人ね」

生徒「せん…、せんの…、せんの…、せんのきゅうり!」

2013102905.jpg

『せんのりきゅう』だな。これも惜しかった!



生徒と話していると元気になれるよ。




posted by 塾長 at 21:26| Comment(0) | 生徒 | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

万年イジられキャラ

生徒(小6女の子)との会話より。

「ねぇねぇ、塾長って何歳?」

「ん?あぁ、86歳だよ」

と軽いボケ。

果たしてどう返してくるかと思ったら…

「へぇー!結構いってるんだぁー!」

信じるなよ…。



同じ子が後日また聞いてきた。

「塾長って何歳?」

ここでまた86歳と言えば芸がない。今度は若い方でボケるか…。と、訳の分からないところで関西人気質発動。

「あぁ、18歳だけど?」

「じゃあ高校卒業したばっかり?」

「うん、そうだよ」

「へぇー、それにしてはアレだよねぇー」

アレって何やねん!



「○○ちゃんって結構先生をネタにして遊ぶよなぁー」

「だってさぁー、塾長ってさぁー、イジりやすいんだもん」

開校2ヶ月、既にイジられキャラが定着しそうな勢いです。



学習塾業界に身を置いて23年、生徒との他愛のないやり取りの中ではなんかいつもこういう立ち位置なんだよねぇー。

って、このポジション嫌いじゃないんだけど…(笑)

このブログ、過去の教え子たちも結構見てくれているようで。

これ読んだら「相変わらずだなー」って笑うんだろうなぁー。




posted by 塾長 at 13:53| Comment(0) | 生徒 | 更新情報をチェックする