2014年10月16日

貼ってはがせる両面テープ

今日、ちょっとした買い物があってダ○ソーに行ったんだけど、そこで素敵な商品に出会った。

これ。

tape_01.jpg

tape_02.jpg

うちの教室はガラス面に内から外に向けて掲示する必要のあるものがある。

飲食店なんかでいうところの『営業中』『準備中』の札にあたるものね。

当然これは教室に入るとき、教室から出るときごとに付け替える。

だから貼ったりはがしたりできる両面テープが必要なわけ。

いままでは一般的な『貼ってはがせる両面テープ』を使ってたんだけど、なんだかんだで使い勝手は良くなかった。

まず透明じゃない。

内から外に向けての掲示なので、四隅にテープがついているとちょっと見栄えが悪い。

で、粘着力も「こんなに必要ないんだけどー」っていうレベルだった。

貼り替えのとき、サッとはがれない。

でもって勢いよくはがすとテープは掲示物じゃなくガラス面にくっついたまま。

「もぅーーー」って気分でガラス面にこびりついたテープをはがす。

そんなことが何度もありました。

当然使い込んでいくとテープの粘着力は弱まる。

まだ多少粘着力残ってるし大丈夫かなって使い続けてると、知らない間に掲示物が落下してたりとか。

やれやれと古いテープをはがして新しいテープを貼る。

今度は粘着力がありすぎてテープをガラス面に持っていかれる。

そんなことの繰り返しをしてました。



そんな日に出会ったこの商品。

透明で外から見ても目立たない。

サイズもちょうどいい感じ(18ミリ四方)

しかも汚れても洗ったら復活。

粘着力も程よい感じ。

まあ買ったばかり&使い始めたばかりなので、まだ洗ってどうなるかってのはわかりませんが、今のところウチの教室の使用目的から考えると「これこれ!これを待ってました!」って感じ。

神商品認定です。



posted by 塾長 at 16:11| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

電子機器ねぇ…

来週から始めるポイント制度の準備をしていたときのこと。

ポイントでもらえるグッズを決め、掲示物(ポスター)を作ろうとプリントアウトしたものをデスクの上に置いておいた。

ある生徒が「へぇー、これがもらえるんだー」なんて言いながらそれを見てた。

「○○ちゃんの通っている塾でもね、同じようなことやってて、そこではいっぱいポイントをためたらタブレットをもらえるらしいよ。この塾でもそういうのやろうよ」って。

ウチの塾でもらえるものはシャーペンとか文具類中心。

高額なものでもフリースのひざ掛け2枚セットとかその程度。

私自身の考えとして、生徒に高額商品をあげるつもりはない。

ましてや電子機器の類なんて。



2011年に亡くなったスティーブ・ジョブズ、言うまでもなくアップルの創始者であり、iPhoneやiPadを生んだ、いわば現代のテクノロジー機器の礎を築いた人です。

ご存知の方も多いと重いますが、彼は自分の子どもたちには電子機器の利用を厳しく制限すべきとの考えを持ち、実際そうしていました。

彼だけではありません。ハイテク産業のお偉いさん方にはこういう信念をお持ちの方が多いようです。

彼らはさまざまなテクノロジーで利便性を提供してくれますが、同時に失うものの大きさにも気付いているのでしょう。



教室で生徒対応をしていても、よく生徒の口からLINEがどうの、アプリがどうのって言葉が出ます。

なんともいえない欝な気分になります。

生徒たちにとってスマホは楽しいおもちゃなんですよね。

そしてその楽しみを享受する半面で犠牲になっているものに気付かない。

電子機器と人のココロの因果関係は、いろいろと研究されています。

いくつか紹介します。

デジタル機器に接する時間が長いほど、子供の感受性は低くなる

電子機器の使用頻度高い子供ほど感情を読むのが苦手

デジタルテクノロジーは「集中力の持続時間が短く、注意散漫になりやすい世代」を創り出している

就寝前に電子機器類を使うと睡眠を阻害し、学習にも影響が

就寝2時間前にスマホやタブレット端末を使用すると「睡眠」に悪影響 / 10代ではさらに深刻な影響が

そしてもうひとつ、先日読んでいた本にこんなことが書いてありました。

デジタル機器の使い過ぎが学習の効果を帳消しにすることが発覚

東北大学と仙台市教育委員会が合同で行った調査によると、「勉強時間が30分でスマートフォンを全く使わない」生徒より、「勉強時間が2時間以上でスマートフォンを3時間以上使う」生徒の方が成績が悪いということがわかりました。(以下略)

こういうメディアは息抜き程度にかしこく使えるようにしてもらいたいですね。



教育の場にもさまざまなメディアが入ってきています。

でも私はまっっっったく興味がありません。

私は、教育は人対人のコミュニケーションの中でしかできないものだという考えです。

考え方が古いのかな。



個人的には私もスマホを持ってます。

でもね、もうウザくてウザくて…。

電話&メールができたら十分なんです。

スマホって本来の電話としての機能は使いにくい、メールも使いにくい、その他の機能満載されてもそんなものいらないし。

よくフリーズするし、電池の持ちは悪いし、コストは余計にかかるし。

ってことで、ガラケーに機種変しようかなと検討中です。


posted by 塾長 at 17:08| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

グリーンシャワー

昨日のブログに書いた箱根観光中にあった出来事。

喉が渇いたので自販機でジュースを買うことにした。

何台か並んだ自販機にどんなジュースがあるか一通り眺めていると、一番端の自販機前で嫁が呼ぶ。

「ねぇねぇ、これおいしいかなぁー?」

指差していたのはグリーンシャワーなる飲み物。初めて見たよ。

ポッカサッポロ製らしい。

無糖で炭酸、名前の通りすっきり系であることは間違いなさそう。

パッケージもこんな感じで、いかにもさわやかそう。

GU18.jpg

「飲んだことないから分からないけど、すっきりしてていいんじゃない?」

なんて返事をし、嫁はそれを購入。

僕は普通の炭酸飲料。

車に戻り、早速一口飲む嫁。

飲んでの第一声が

「うわっ!何これ????」

そこで僕も一口もらってみた。

「うげぇぇぇーぇぇーーーぇっ・・・ぇっ・・・」

何と言うか、草なのよ(笑)

青臭いというのかなー。

夏に夕立が来たあとの草むらみたいな(笑)

うーん、どう表現していいかわからない。

とにかくお互い口に合わないことだけは間違いなかった。



この商品、桐谷美玲さんがCMをやっている。





僕はほとんどテレビを見ないので、残念ながらこのCMは知らない。

というか、あまりにテレビを見なさ過ぎるので、桐谷美玲を知らない(笑)



帰ってきて、早速ネットでグリーンシャワーの評判を検索(笑)

やっぱり賛否両論みたい。

『否』の意見のほうが断然多く、そして面白い。

そーいえば…グリーンシャワーとかいう炭酸水飲んでみた ケド、アレ超雑草臭いわwww一言で言うとズバリ・・・¨緑¨っっ!!

グリーンシャワー、雑草っぽい味(^◇^;)

吐き気するし爽やかになれそうな飲み物買おうって思った結果、グリーンシャワーっていう炭酸水買ったんだけどクッッッッッッソ匂いきつくて死んだ wwwwwwwwなんかwwwwwwww雑草食ってるみたいな感じwwwwwwww

グリーンシャワーなる炭酸水がクッソまずい まるで雑草食べてるみたいだ

炭酸水良く飲むから、桐谷美玲が出てるグリーンシャワーなるものを買ったけど、これ青臭え…。青ブドウとそこらへんの雑草をすり潰して炭酸水で 割って飲んでるみたいだ。

ポッカサッポロから出た、グリーンシャワーを飲みました!
芝生が口の中に、入っちゃった!みたいな味でした!
僕だけですか?

カロリーゼロで安かったので箱買いしましたが、あまりの風味にドン引きしております。
まさに雑草に近いそれでした、好き嫌いは少ない方ですがこれは良く売り出す気になれたものです。

花瓶の水飲んだらこんな味だろうなって思った。。

と、散々な書かれよう。

最後の『花瓶の水』のやつ、読んでめっちゃ共感してしまった。

「それだー!!」って(笑)

逆にこの味が気に入った人は相当ハマるようです。

『大好き』か『大嫌い』か、両極端になるクセの強い味なんですよねー。

僕は後者ですけど(笑)



この飲料、キャッチコピーは

この感覚、伝えられない。

らしいです。

うん、伝えられません(笑)

「○○に似てる」とか「○○っぽい」っていう形容が一切頭に浮かんでこない。

興味のある人は一度飲んでみてくださいねー。

ただし、あの味は絶対子どもには合いません。

小中学生なんかが飲んだら100パーセント一口でアウトでしょう。




posted by 塾長 at 15:14| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする